欲求とストレス

欲求とは。。。

生命を維持するためには

とても重要であり

種を繁栄させる為の本能

欲求がなければ

生きてはいけない

そう

死んでしまうのです!

“欲求”とは”命の源”

と言っても良いくらい

そんな大事な欲求ですが

上手に満たしてあげないと

今度は

“ストレス”となって

生命を脅かします。。。

【マズローの欲求階層説】

アブラハム・マズローという

アメリカの心理学者が唱えた

人格理論「自己実現理論」

人は 自己実現が進むと

本心を現すことができるようになり

真実の自己

あるがままの自己

に到達することができる

という理論

「人間は 自己実現に向かって

絶えず成長していく生き物である」

====================

1. 生理的欲求

根源的欲求

・食欲

・睡眠欲

・性欲 など

2. 安全の欲求

生活の安全

住環境

健康 など

3. 所属と愛の欲求

社会的立場

求められたい

愛されたい など

4. 承認と自尊心の欲求

認められたい

褒められたい など

5. 自己実現の欲求

自分らしく

ありのままの自分

====================

1.から順に

階層的に欲求が移行していく

と考えられている

<一時的欲求(欠乏欲求)>

から

<二次的欲求(成長欲求)>

へと移行する

5.の「自己実現欲求」は

最高階層に位置付けられている

これは

より低次の欲求が

満たされて初めて

その人にもたらされる

と考えられている

====================

マズローの言うように

欲求には段階があって

貧しい国や 震災なんかで

命も危ういような状況の中では

まずは

「食べたい」

「安心して暮らしたい」

と思う気持ちが一番にくる

そこが満たされると

次は

「働きたい」

「誰かの役に立ちたい」

と考え始める

そして立場が与えられる状況になると

「認められたい」

「評価が欲しい」

と思うんですよね〜

ここら辺にくると

簡単には満たされなかったりする(^^;)

ここで

欲求の上手な “満たし方”が

生きていく上で

とても重要になってきますよね〜

“満たされる”感覚って

人それぞれ みんな違う

自分はどうだろう。。。

答えは一つではなく

いくつもの選択肢を持っている方が

きっと 生きやすい

どうしても”満たされない”時は

違う方向に目を向けてみることも

きっと 助けになるかもしれない

自分の “満たし方”

幅広く持っていることが

生きていく上で大切なのかもしれません

++++++++++++++++++++

<おすすめ本>

彼の著書はどれも

心を緩めてくれる

気がします

++++++++++++++++++++

【心理学かじり始めました】

カウンセラーを育てる講座

なのですが。。。全く

カウンセラーになりたい!

とか

人助けしたい!

とか

そんな立派な発想からではなく。。

基本のんびりと

過ごさせてもらっているのですが

自分のネガティブな部分に

ドロドロと足を取られる出来事

が あったり

人間関係につまずいたり

この2〜3年の間に

「人間」を知りたい

と 思わされる時間が多かった

というのが

この講座へ そそそそそ〜っと

引き寄せられた理由

このブログを

自分の頭の整理の為に

これまでとは少し

方向転換した内容となりますが

学んだ事をまとめていきます

私の文章から

読んでくれた人の

なんかつっかえてたって心が

ゆるゆるとほぐれる事も

期待して☆

++++++++++++++++++++

↓編み物や糸のこと↓

こちらでのんびり書いてます

http://neulonta.uhura.jp

よかったら覗いて下さいね(^^)

++++++++++++++++++++

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください