お手玉

090715-1

名古屋に住む 私の母方の祖母の家に 3年ぶりに遊びに行ってきました

祖母は昔から和裁の名人で もちろん洋裁も上手

ミシンも2〜3台持っていて ロックミシンも使いこなします

最近は年のせいか「やる気にならん」と ほとんど触らなくなったそうです

そのうちロックミシンをもらう約束してきました ヤッタ☆

そんな話をしていると 祖母が押し入れから昔作ったお手玉を出してきて

布がたくさん余ってたら これ作って子供に遊ばせたらええ

って ペレットとあずきをどっさり持たせてくれました

090715-2

ってことで 帰って来て 余り布と余り糸で作ってみました

布とニットのお手玉完成〜

中には もらってきたペレットとあずきを適当に入れて

ふたつペアなもんやから なるべく同じくらいの量

同じくらいの重さにしないといけないのが ちょっと難関

右手で持ってみたり 左手に持ち替えてみたり

試しに投げ上げてみたりしながら よしこんぐらい!で出来上がり

090715-3

だいたいコツはつかめたので あといくつか作って

お友達にプレゼントしたいなぁ〜と考え中

配色や編み模様を楽しめるお手玉をいっぱい作れるといいな〜

**********************************

◇ レシピ ◇ 2本棒針6号針 ぬい針 ボタン付け糸

1. 布は 4cm×8cm プラス縫い代0.5cm を2枚用意

2. ニットは 10目 30段のガーター編みを 2枚編む

3. それぞれを風車みたいに縫いつけ 中にペレットやあずきを入れて 出来上がり

**********************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください