教えるということ

<教えるのは好きです>

<教えるのは苦手です>

今の私には 両方が当てはまる

そんな私が 教える機会を いただきました

生徒は 6才から9才までの 女の子達

幼稚園の年長さん から 小学校3年生まで

合計4人の ちいさな 編み物教室☆

以前も書いた 二本棒針でリリアン編み

をみんなで編み編み〜 最後にヘアゴム通して

シュシュに 仕上げました☆

棒針持つのも始めてで 持ち方から

作り目から 針の動かし方

超〜初歩です

でも みんな真剣にもくもくと

途中で投げ出さずに 二時間 編みつづけ

2人は 時間内に 完成させてくれました

なにより みんな ニコニコで帰ってくれて

ほっと一安心☆

生徒が 優秀やと 先生は楽やな〜

楽しい 嬉しい 二時間は

こうしてあっという間に 過ぎました

<教える>っていうのは 最後にいきつく 人間の仕事

そんなような事を 聞いた事がある

<食う><寝る><遊ぶ><学ぶ>

なんやかんや 人生やるなかで

時々<教える>ことも するけれど

最後にやるべきこと? 残る仕事??

なんか ハッキリは忘れてまったけど…

(↑ほな書くなって?)

(肝心なトコ忘れる特技を持ってます。テヘッ;)

今の私にとって <教える>ことは

<学ぶ>ことと 繋がってるなぁって

再認識した 今日でした☆

“教えるということ” への2件の返信

  1. お疲れ様でした!

    大事なとこ忘れてしまうのが、また笑わす感じで(*^^*)良いね!

    教えることと、学ぶことは、=。
    私も教える仕事したりして感じたなぁ。

    子育てからも、育ててるんじゃなく、こちらが育てられてるように感じるのと一緒かな。

    すごく、素敵だなと思ったよー。

    好きなことを広めて、またその人から広がって。

    良いね!

    長くなりゴメンなさい^^;

  2. kaoriちゃん
    長文コメントありがたいでっす☆
    ありがとう!
    全くその通りよね~
    子育てからも同じ感覚得ることある~
    ちゃんと伝わってるのか
    心配になったり不安になったり。。
    その分、成果が見えると
    飛び上がるほど嬉しくて。
    年を重ねるほど 人に教えること 伝えること
    沢山出来る人間になっていたいとも思ったりします。
    まあ、理想です☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください